江戸川区の不動産売却、新築、中古、戸建て・マンションのことなら三信不動産販売
CONCEPT
私たちの家づくり
Lifetime Home
特徴
施工事例
家が出来るまでの流れ
建築仕様
特徴
隙間が小さい家”すなわち『LifetimeHome』
三信不動産販売が提案する『LifetimeHome』は「快適」「健康」「低燃費」を叶える「高断熱」で「高気密」な住まいです。
「高断熱」で手に入れる「快適」な暮らし
隙間が小さいことで室内の暖かい空気が逃げにくくなり、屋外の暑い空気が入りにくくなることで高い断熱性能が保たれます。その結果として、冷暖房も少なく済むため「省エネ」にもつながります。
といいますのも、住まいの不満調査の結果から「室内でも冬は寒く夏は暑い」や「水道光熱費が高い」といった「暑さ」や「寒さ」、「お金」に関する事柄が上位に挙げられており、当社ではこれらを改善すべく『LifetimeHome』の建築・販売をはじめました。
「高気密」で手に入れる「健康」暮らし
隙間が小さいことで結露やカビの発生、砂ぼこりや花粉の侵入を防げるのも『LifetimeHome』のメリットです。高断熱により生まれる快適な室温に加えて、「高気密」で手に入れられる綺麗な空気が家族みんなの「健康」を守ります。
「高断熱」×「高気密」で手に入れる「低燃費」な暮らし
『LifetimeHome』はキッチン水栓やトイレ洗浄などの住宅設備に省エネ仕様を採用し、生活で使用するエネルギー量を基準値よりも10%以上削減した「低炭素住宅」です。これにより水道光熱費は年間で64,200円削減することができ、35年間で削減できる費用は約225万円にもなります(当社で実際に建築した住まいでのシミュレーションに基づく)。「低燃費」な暮らしは、大幅な水道光熱費の削減につながります。
「そこそこのコスト」で手に入れる『LifetimeHome』での暮らし
建築コストの割に、住宅性能が高いのも『LifetimeHome』の魅力です。一般的なローコストメーカーとは異なり、低い価格帯で高い性能・品質・デザインを有している『LifetimeHome』は、「そこそこのコスト」で家族みんなの健康で快適な暮らしを手に入れたいという方に打ってつけの住まいです。
「健康」「快適」「低燃費」に重きを置いた三信不動産販売の家『LifetimeHome』。家族にもお金にも優しい暮らしを手に入れたいという方は、住まい選びの際にこれらの要素を考慮してみてはいかがでしょうか。
施工事例 西瑞江3丁目1号棟
【快適な住まい】を実現させるために必要な『高断熱』『高気密』『計画換気』の3つの条件を兼ね備えた住宅を施工いたしました。 『断熱性』『気密性』『計画換気』『空調』によって制御された室内の熱が外気の影響を受けることなく、一定の室温が保たれる、いわば【魔法瓶】のような家がLifetimeHome+の高性能住宅です。 【LifetimeHome+】の建物は、ZEH基準を上回る高断熱住宅であり、隙間が少ない高気密住宅となっています。
家が出来るまでの流れ
ご相談から完成・ご入居、アフターサービスまで、安心・安全をモットーに万全の体制でサポート致します。
お客様一人ひとりのご要望にきめ細やかにお応えさせていただきます。
営業担当と設計のプロである当社の社内建築士が、家づくりで叶えたい要望や新居での過ごし方、ご家族の趣味や趣向など様々な角度からプラン提示をするためのヒアリングを行います。
当社の社内建築士が、前回ヒアリングした内容をカタチにしたプラン(間取り)を呈示し、プレゼンテーションを行います。場合によっては、図面ではなく模型も作成します。住み心地はどうか、叶えたい要望は盛り込まれているかなどをお互い確認しながら、修正点、改善点があれば、赤ペンを入れていきます。
全ての修正点、改善点が反映されるとプラン確定となります。
LifetimeHomeのプランニングは、生活動線などの生活のデザインのみならず、断熱材や高性能窓サッシ、換気システムなど高気密高断熱という性能のデザインも取り入れています。
プランニングの図面だけでは実際に建築することはできません。建物はそこに住まう人の生活の根幹となるところ。そのために、「安全」という観点から様々な建築基準関係法規が存しており、こうした法規や規制、制度に適した建物であることを特定行政庁または第三者検査機関に審査してもらう必要があります。この審査を受けるために建築士が様々な建築に関する建築図書を作成し、審査に合格すると建築確認済証が発行されます。
建物を建てる土地の地盤の固さ柔らかさが、均一か事前に調査します。重たい建物を載せた際に地盤が不均一であると、将来建物が不同沈下するリスクがあるため、地盤調査の結果によって、建物の基礎下にセメント杭や鋼管杭を打ち込むなどの地盤改良を行います。
建物の内装、外装、住宅設備、電気関係、外構など建物をハードとするならソフトにあたる部分の仕様決め、カラーセレクトなどを決定していきます。

建築確認済証の発付や地盤調査・改良が完了すると、いよいよ建物建設工事が開始となります。概ね、次の順番で進みます。

01 基礎工事 建物の基礎・土台となる部分の工事です。基礎の強度を担保する配筋(鉄筋)の施工完了後、住宅瑕疵担保保険法人による検査が入ります。

02 木工事 基礎工事が完了すると足場が組み立てられ、建て方と呼ばれる工事が始まります。柱が土台(基礎)に緊結され、プレカットされた木材が組み上げられ、建物の形が見えてきます。見えてきます。

03 断熱工事 夏の暑い空気、冬の冷たい空気を室内に伝えさせない、夏でも冬でも室内が一定の室温を保たれ、家の各所で室温差が生じないようにするための要が断熱工事です。高い断熱性を特徴とするLifetimeHomeでは、現場発泡のウレタン断熱材を吹き付けることで、外気の侵入が想定される箇所を徹底的に断熱していきます。

04 外部・内部仕上げ 屋根や外壁を張ったり、サッシやドアの取り付けなどの外装工事のほか、建具や各種造作の施工、住宅設備の搬入・設置、電気配線、壁紙の施工など内装工事を行います。

建築確認済証の発付や地盤調査・改良が完了すると、いよいよ建物建設工事が開始となります。概ね、次の順番で進みます。

01 基礎工事 建物の基礎・土台となる部分の工事です。基礎の強度を担保する配筋(鉄筋)の施工完了後、住宅瑕疵担保保険法人による検査が入ります。

02 木工事 基礎工事が完了すると足場が組み立てられ、建て方と呼ばれる工事が始まります。柱が土台(基礎)に緊結され、プレカットされた木材が組み上げられ、建物の形が見えてきます。見えてきます。

03 断熱工事 夏の暑い空気、冬の冷たい空気を室内に伝えさせない、夏でも冬でも室内が一定の室温を保たれ、家の各所で室温差が生じないようにするための要が断熱工事です。高い断熱性を特徴とするLifetimeHomeでは、現場発泡のウレタン断熱材を吹き付けることで、外気の侵入が想定される箇所を徹底的に断熱していきます。

04 外部・内部仕上げ 屋根や外壁を張ったり、サッシやドアの取り付けなどの外装工事のほか、建具や各種造作の施工、住宅設備の搬入・設置、電気配線、壁紙の施工など内装工事を行います。

室内クリーニングを行って、着工から3~4か月の工程を経て建物が完成します。
建物完成後、建築確認を受けた通りの建物が完成したか、再度、特定行政庁または第三者検査機関による完了検査が行われます。検査に合格すると、検査済証が発付されたうえで、建物の引渡しとなります。
建築仕様

ご希望のデザインや性能に応じて、建物の仕様をお選びいただけます。

外壁材ラインナップ(一例)






屋根(一例)
玄関ドア
ドアデザイン
ハンドル一覧
キッチン
バスルーム
洗面化粧台
トイレ
床フロア(一例)
ラシッサ Sフロア
ラシッサ Dフロア
扉ドア(一例)
省エネ性能
高効率給湯器
アルミの良さと樹脂の良さを融合した「ハイブリッド窓」
住まいへの熱の出入り
耐震性能:構造設計
硬質発泡ウレタン断熱
ZEHについて
私たち三信不動産販売は 「ZEHビルダー」 に登録しています。

三信不動産販売のZEH普及率目標

2020 2021 2022 2023 2025
目標 実績0% 実績0% 実績0% 実績0% 50%
ZEHの周知・普及に向けた具体策,ZEHのコストダウンに向けた具体策,その他の取り組みなど
Lifetime RENOVATE

三信不動産販売では、ご家族さまが憩う大切な住まいを「いい状態」にする改装・改修工事
(RENOVATE)にも力を入れております。

リフォームに関することはこちら

建築家住宅について
【建築家住宅】を誰もが手にできる世界を
家づくりを“建築家”に依頼するということ。
今まで限られた人にしか叶わなかった家づくりを、もっと多くの方へお届けしたい。その想いをカタチにしたのがR+houseです。